不動産集客ノウハウシェア

一癖をあえてサイト上でアピールして、反響へとつなげるのもアリ!

一癖をあえてサイト上でアピールして、反響へとつなげるのもアリ!サイトのコンセプトを考えるうえでよくあるのは、やはり規模感を前面に出してしまい他の競合サイトとの差別化を「規模」に絞ってしまうことです。

もちろん規模も重要な反響を生む要素の一つだという事は間違いありません。弊社も様々な不動産会社様を訪問させていただき、よく耳にするのが「物 件ありきの反響」という言葉です。

ただ、これは必ずしもすべての不動産会社様に言えることとは限りません。

「物件数を多く見せる」という意味での規模のアピールは、物件のページが多くなり、それらのページが検索エンジンに引っかかり、潜在的な訪問者が 増えるという意味では有効な規模を大きく見せるという手段になります。

そもそも物件が無ければ、サイトにも人が来てくれない、なので、レインズなどから物件をとにかく引っ張ってきてそれを数百、数千の単位で登録をす る、という事になります。

ただ、本当に好条件の物件は”市場に出回る前”に、つまり”WEBなどの媒体に公開される前”に売れてしまう可能性が多く、実際に反響には繋げる 事が難しい物件も多いとよくお聞きします。

という事は、物件ありきと簡単には一言で言えるわけではなく、その先にあるサイトに期待されることに対してしっかりと対策が打ててないと、物件が たとえ1000件、2000件の登録があって、SEO対策が施策してあったとしても、反響は物件数に比例せずに、物件が登録されていなかった時と 比べて同じ反響数に落ち着いてしまう、という事も実際に起こったりします。

では、その先の対策とは何を指すのでしょうか?

それは、そのサイトを運営している会社へと問い合わせがしたくなるような工夫がされているかという事を意味します。

「この会社だったら自分が探している物件を探してくれそうだ。」
「この会社だったら自分の持っている物件を売却する際に任せられそうだ。」
「この会社だったら自分で持っている物件の管理を任せられそうだ。」

と思ってもらう、感じでもらうことが大事なのです。

WEBに関しては、必ずしも登録してある物件数が多いから反響につながるのではなく、登録してある物件数が多い先にある、その会社の運営姿勢、会 社の雰囲気、スタッフ・営業の方たちの雰囲気によって反響が発生する可能性が存分に高いのです。

前置きが長くなりましたが、ここからが大事なところです。弊社では、不動産会社様のホームページを作成する際にこだわっていることがあります。そ れは、その不動産会社様の色、雰囲気、良い意味での一癖をサイト上で包み隠さずに表現をするという事です。

実際に不動産を購入、売却した方に、なぜその不動産会社に決めたのか?という質問を投げかけると、物件の良し悪しはもちろん大事だけど、やっぱ り”担当をしてくれた人”の存在が大きかった、というケースが少なくありません。

会社ではなく人と言っているところにWEBでの集客のヒントが隠されているのです。

WEBで売却できる不動産会社を探している、物件を探している人たちは、おそらくかなり高い確率で御社のホームページだけでなく、他にもその地域 近辺の競合となる不動産会社のホームページも閲覧しているはずです。

様々な不動産会社のホームページを行き来して、同じような物件が並べられていれば、上記で述べたような物件数で優位性をアピールしての反響獲得は 難しいこととなります。

その不動産会社には、どのような人がいて、自分の希望を叶えてくれるのだろう?と真剣に考えるのは、様々な会社のホームページを散々見尽くしてき て疲弊してしまっているお客様が思うのは当然と言えば当然なのでしょう。

その営業マンは、この町に根付いているのか?その営業マンは、まだ未決定なことが多い自分に対して長期的な付き合いがうまくできそうなのか?経験 が豊富なのか?などなど、営業の方に求めるスキルは人によって異なりますが、それらのお客様の心配されていることをサイトを訪問していただいた時 に解消して、不安要素を抜き取ってあげる必要があるのだと思います。

そのためには、たとえ色が多少濃すぎてもいいので、会社の色、その会社で働いている人の色を前面に出して、まずせっかく来てくれた訪問者を引き付 けておく、ことが重要になります。

それはデザインで表現したり、ユーザビリティでアピールしたり、ダイレクトにキャッチコピーで伝えたり、時には代表が漫画のキャラみたいにどかっ と出てきたりなど、さまざまな方法がありますが、多少奇抜で、斬新なぐらいが、ちょうどいいのかもしれません。

長々と読んで下さったかた、ありがとうございます。この長々とした文章を書いているこの会社の代表である私も、またこのような形で私の一癖を表現 してるのでした。

このページが反響に繋がる感触、というのを実感頂けたら幸いです。

お電話でのお問合せはこちら 052-875-9930 お気軽にお電話下さい

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

PAGE TOP