不動産集客ノウハウシェア

不動産関連のホームページに地域情報ポータル機能が重要な理由

不動産関連のホームページに地域情報ポータル機能が重要な理由弊社で特に力を入れて不動産会社様に提案をさせて頂いているのが、サイト内に小さな地域情報サイトを作って、不動産を探しに来ているお客様以外の 訪問者も獲得をしようという少し違った角度からの集客の方法です。

当サービスでは、運営管理画面より、簡単に地域の情報を登録して、サイト内で”町の情報として配信できるような地域情報サイトを保有できる”サブ 機能を保有しています。

既にホームズや三井のリハウスなどでは独自のシステムで地域情報を不動産物件と関連性を持たせて更新できるようになっているようですが、この辺の 目の付け所はさすがだと思います。

地域情報を配信することでのメリットは様々ですが、以下2点の絞って説明をしていきます。

一つ目は、地域に密着しているという事をWEBを使ってアピールできます。WEB上で町の情報をしっかりと配信することでその姿勢がお客様に安心 感とうフィルターを通り伝わります。良い情報も、悪い情報も、リアルで生々しいその地域の情報をしっかりと知り、自分で納得してその地域に住む覚 悟をするためにも、その生の情報が無ければ覚悟すらできません。

近所の情報、近辺の交通の便、学区、近くにスーパーなどはあるのかなど、実際に足を運んでみて見て、聞いてみるものもちろん必要ですが、その地域 にずっと根付いている人であれば、良いところも悪いところも知っているはずです。地域の事をよく知っている、とお客様に感じてもらうのは、安心感 を抱いていただくのにとても重要なのです。

二つ目は、サイトの利便性にあります。物件詳細ページから近辺の施設の情報を同時に知ることが出来れば、とても便利だと思います。物件の住所デー タと、地域情報の住所データは完全に同じデータを使っており、物件から地域情報、地域情報から物件へと相互にそれぞれの情報を表示させることが可 能になっています。

たとえば、豊島の東池袋のある物件を閲覧していれば、その近辺の公園や学校、スーパーやその他施設などを閲覧ができます。物件を探している人に近 辺の情報をちらっと見せても意味がないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

この地域情報管理システムは、多くの写真と、また訪問者から親近感を抱いてもらえるように、スタッフからのコメントを入れることが出来るように なっています。東池袋周辺の物件の閲覧中に近くの公園の情報が記載されており、そのページをクリックすると、実際にスタッフが公園に行った際の写 真や生の声・コメントが表示されることで、単なる施設案内というよりも、人の手で作られた温かみを感じる情報となるのです。

近所のラーメン屋とか、深夜遅くまで頑張って営業しているスーパーとか、いつも昼時はサラリーマンでにぎやかになる公園とか、情報を配信する会社 独自の、他とは違うユニークな地域情報の配信の仕方をすることで、お客様との距離を縮めることが出来るのです。

三つ目は、ロングテールなSEO対策です。

SEOは皆様ご存知の通り、検索エンジンにて上位表示をさせるための施策の事を意味します。SEOに関する弊社のこだわりは「力強いSEO対策」から ご確認いただけます。

ロングテールとは販売数自体は少ない商品の売り上げが、全体の売り上げのうち、無視できない、相当な割合を占めるという法則の事を意味します。

今回の”地域情報をサイトに蓄積する”というところで説明をさせて頂くと、メインのキーワードではなく、一見あまり注目もされないようなマイナー なキーワードで、瞬発的な集客を求めるのではなく、長くじっくりと、継続的に集客が出来るように施策をするという事になってきます。

まだ、ちょっとこれだけの説明だと解りにくいにですね。たとえば、不動産を取り扱っているサイトなので、不動産関連のキーワードで人を集めたほう が集客はしやすそうな気がしますが、そこには競合も多く、コストも多大にかかり、たとえ上位に表示したとしても投下した広告費と成約料金が見合わ なければ意味がありません。

ロングテールのSEO対策では、不動産関連からあえて外れたキーワードを狙っていきます。

例えば、公共的な施設である、公園などは、だれも上位に表示をさせるような施策を打っていないケースがほとんどです。市が運営しているサイトなど は、当たり障りのない情報を記載しているだけなので、情報量という意味では民間でしっかりと作られた情報コンテンツの方が質は高くなります。

〇〇公園と、検索をかけた場合に、御社のホームページ内の地域情報詳細ページ、つまり公園の紹介ページがクリックされることで、直接的には反響に 繋がらないかもしれませんが、訪問者をサイトに呼ぶことが出来ます。

もちろんそんなにアクセスを集められるわけではありませんが、チリも積もれば山となります。1日このページを一人が見に来てくれたと考えると、1 年間で365人が見に来てくれたことになります。

この365人が御社の存在を知り、その施設の近辺の不動産物件情報を見るきっかけを作ることが出来ます。当然これらの施設情報、地域情報はブログ の記事のように一度記載してしまえば、そこに費用は一切かかりません。

地域情報を充実させていけばさせていくほどその数に比例をして、それぞれの紹介ページにアクセスしてくれる人が増加していきます。実際に弊社のシ ステムを使っていただいている会社様で、本コンテンツよりも、地域情報へのアクセスが圧倒的に多いということもお聞きしております。

〇〇公園について調べる際に、そこの公園の行き方、今後遊びに行くための事前調査、催しなどを調べるため、などと様々な検索目的があると思います が、その目的の中に、その付近の物件を探しており、どのような周辺施設があるのかな?といった目的も必ず存在します。

物件ページは随時入れ替わり、昨日まである程度アクセスのあったページも成約してしまえば、明日からはサイト上から消えてしまい、アクセスの導線 が断ち切られてしまいます。(成約済みにして一定期間サイト上に残しておくのは、この導線が断ち切られるのを防ぐためです。)

地域情報は、云わば「不動のコンテンツ」、つまり今日はもちろん、1年後、2年後みても更新する必要性が少なく、運営者にとって一度作ってしまえ ば、アクセスを個々に見れば少ないが、情報を充実させることで比例して増加するアクセスを集めることが出来る、優れたツールなのです。

また、現在読んでいただいている「不動産関連のホームページに地域情報ポータル機能が重要な理由」というこの記事自体も実はロングテールSEOの ために、作られているコンテンツの一つなのです。他社との差別化をするのであれば、ぜひ弊社にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら 052-875-9930 お気軽にお電話下さい

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

PAGE TOP