こだわり・強み

力強いSEO対策

Googleが実施した2012年4月「ペンギンアップデート」、2012年7月「パンダアップデート」によって、外部SEOつまり、バックリング、被リンクにより狙ったキーワードで上位に表示させるSEO対策が完全なるスパムと判定されるようになり、いよいよ本格的にコンテンツを最重要視した、Googleを小手先の技術によりだますことが出来ないようになってきました。

ペンギンアップデート、パンダアップデートとは、GoogleがGoogleのガイドラインに違反して故意に順位を上昇させようとしているサイトの排除を目的とした新しいアルゴリズムアップデートのことです。

まず、SEOといっても内部SEOと外部SEOがあることをご存知でしょうか?

外部SEOとは上記のような外部的要因、つまりバックリンクなどで上位表示を実現させる強制的なSEO施策を意味します。

内部SEOは、サイト内にてプログラムを最適化して、検索エンジンに拾ってもらいやすくするSEO施策を意味します。

上で述べたコンテンツ重視のSEO対策とはまさに内部SEOを意味するのです。

外部SEOは時代遅れ

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

つまり、検索エンジンに対してサイトを最適化して上位表示を目指すための施策として、現在ではウェブサイトを運営する方であれば、だれでも知っている、浸透している言葉となっています。

ただ、このSEO対策の意味をはき違えると後戻りができない被害を被ることもあります。冒頭で説明させて頂いたアップデート(Googleは現在でも随時アップデートは行っている)により、外部SEO、つまり外部的要因にて無理やり上位に表示させる方法を、目視で確認しているかのごとく見破り、それらの施策を行っているサイトを検索結果から圏外へ飛ばしてしまうというダイナミックなペナルティが課せられています。

順位を元に戻す解毒剤として、それらのバックリンクを外すことが推奨されていますが、それでも順位は復帰せずずっと圏外から戻ってこないサイトも多く存在します。

外部SEOはもはやSEOとは呼べず、最適化、というよりもむしろ順位を極度に落とすこととなってしまいます。

Googleは何を分析してサイトに評価を与えている?

Googleのような超巨大企業が長年蓄積されてきたアルゴリズム、ノウハウをここで簡単に分析してしまうのは容易ではありませんが、実はそんなに複雑に考える必要も無いのかなと思います。

自分自身が検索エンジンにて、必要な情報を探す立場として考えてみれば、Googleのアルゴリズムは自然と見えてきます。

Googleが提供しているアクセス解析を利用した方であればお分かりの通り、Googleはサイトに訪れたそれぞれの訪問者の動きを信じられないぐらい細かいところまで取得しています。

訪問者数はもちろんのこと、その訪問者が何ページ見たのか、どのページを見たのか、どれほどの時間サイトに滞在していたのか?、地域、国、リピート率、新規の訪問者なのか?、再訪回数、PCの種類、端末、ネットワーク(プロバイダー)、どのようなキーワードで来たのか?またどこから来たのか?など、これ以上の情報を厳格に取得してそれらを分析してアルゴリズムを作成しているのです。

たとえば、誰かが「渋谷区 賃貸物件」というキーワードで検索したとしましょう。上位に表示されたサイトが、外部SEOで無理やり上位に表示していたサイトで、実際のサイトには渋谷区の賃貸物件がほとんどなければ、当然そのサイトの滞在時間は短くなり、直帰率も高く、再訪回数も極限まで低く、またサイト内の巡回ページ数(PV数)も低くなります。

そんなサイトが上位に表示されていてはおかしい、という事はもっと早い段階でGoogleもわかるだけの判断材料はそろっていたような気もするのですが、やはりそこはもっと綿密で、緻密なアルゴリズムがあるのでしょう。

いずれにしても、Googleを騙して上位表示をすることは確実に不可能になってきているという事なのです。

内部SEOでどのように集客するのか?

内部SEOということで、内部的な要素で出来るだけ上位に表示されるようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単で、サイト内のコンテンツを強化することを徹底します。

サイト内のコンテンツといえば、物件情報やその他不動産関係の情報です。

ユーザーの視点から考えて、有益な情報をより多く、充実させてあげることで、サイト全体の評価も高くなり、上位に表示がされやすくなります。

※メタタグなどの設定による内部施策は基本中の基本のためここでは割愛させていただきます。

物件情報はできる限りこまめに更新しましょう!

物件情報を常に更新して、サイトの再訪数を上げましょう。更新頻度が低ければ再訪も少なく、検索エンジンからの評価も低くなります。

コラム機能などでサイト内に読み応えのあるコンテンツを増やしましょう!

コラムなどのページが増える要素のあるコンテンツを更新して、様々なキーワードで検索エンジンから訪問者を獲得できるようにしましょう。読み応えのあるコンテンツが増えれば、長期的に確実に訪問者を運んでくれます。

またそれらの読み物コンテンツは、会社の信頼性をアピールすることにつながります。

地域情報を配信して、地域特化型の大規模なサイトを作りましょう!

の地域の情報を出来る限り配信しましょう。地域の情報を配信する目的として、ページ数が増え、サイト上のコンテンツが増えるだけでなく、その地域に根付いてしっかりと営業をされているという事が訪問者に直接的に伝わります。

地域情報を配信することで、反響数にどのように影響があるか疑問に持たれる方もいるかと思いますが、意外とその地域に住んでいる人も、またそこに引っ越そうと考えている人も、物件ありきという考え方ではなく、その周辺の情報をより気にする傾向があります。

地域情報機能に関しては「地域情報を配信してアクセスを底上げ」をご覧ください

放っておいてもホームページから反響がどしどし発生するような時代ではありません。
しかし逆にサイトに手を入れただけ反響を呼べる時代ともいえるのです。

ですので、弊社のサービスでは、あえて不動産会社様が更新できる要素を出来る限り導入しております。
正当法で理にかなったSEO対策で、順位を上げていくべく、弊社では徹底したSEOサポートをさせて頂いております。

お電話でのお問合せはこちら 052-875-9930 お気軽にお電話下さい

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

PAGE TOP